秋の便秘・乾燥にセルフお灸
詳細はこちら

立秋からスタート!秋の乾燥肌・便秘・鼻つまりにセルフお灸

 

 夏の終わりに「便がコロコロ、硬い。」、「肌の乾燥」を感じることはないですか? 日中の暑さは厳しいですが、身体は『涼と乾燥』を察知し始めています。
夏から秋は、陽から陰の時期へと陰陽バランスも大きく変化します。
 立秋から本格的な秋に向け、夏に消耗した気と水分を補うツボにお灸をし、陰の季節に向けたセルフお灸をご紹介します。

書いた人:星美和子 鍼灸師・クリパルヨガ講師・せんねんきゅうセルフケアサポーター
     プロフィールはこちら

春夏=陽⇨秋冬=陰へ。外に向かっていた気が内向きに変化

 東洋医学では、すべての物事を陰と陽に分類します。
陽は、『太陽、上向き、外向き、活動』で、季節では春夏が当てはまります。
陰は、『月、下向き、内向き、滋養』で、季節では、秋冬が相当します。

 春に種をまき、太陽のエネルギーを浴びて成長した作物を秋に収穫するように、私たちも外向きに活動モードから、今まで培ったものをまとめる内向きモードへと変化する時期です。
 秋は、新しいことをスタートするよりも、今までやってきたことを発揮する発表会や運動会が多いのも自然な流れなのかもしれませんね。

秋と身体:乾燥による不調が起きやすい

 東洋医学では、季節の移ろいに合わせて私たちの身体も変化すると考え、季節ごとにケアしたい臓腑があります。
 上記のように秋は、肺や大腸と関わりが深く、皮膚や呼吸器や腸に症状が現れます。

 例えば朝晩の涼しさや湿気の低下に気づかずに薄着やクーラーをつけっぱなして目覚めると、鼻や喉が乾燥していたことありますよね? 最近の息子は朝方に「鼻の中がカピカピして痛い。」と言って起きることがあります。季節の変化に身体はしっかり反応し、私たちにサインを送ってくれています。

また同じ便秘でも秋の便秘は、いつもより乾燥が原因になる事が多いです。便がコロコロ、いつもより硬いと感じる方は、夏にかいた汗による水分不足も原因かもしれません。

オススメのツボ①:胃腸を整え、気を補う=足三里

ツボの位置
膝のお皿の外側から指4本分下で、押すとズーンと響くところ

効果
胃腸を整える、気を補う、膝痛予防、足の疲れ、むくみ改善。
毎日でもすえたい養生ツボ

探し方のコツ 
 お灸教室では、「ツボの位置がわかりにくい。」との声をよく伺うツボの一つです。
探し方のコツは、ツボの位置をチェックしたら、微細に指をずらして押してみてください。わずかな違いで、『ズーンと浸透する響き』が見つかります。
 一度ではわかりません、何度もやってみると、だんだんわかってきます!

オススメのツボ②:コロコロ便、乾燥肌にも=合谷

位置
手の人差し指と親指の骨の付け根

効果
便秘、鼻疾患(つまり、鼻水)、首肩こり、歯痛の緩和、気を補うなど

探し方のコツ
 このツボは、押す角度がポイント。真下ではなく、少し人差し指側の骨に向かって押すと心地よい響きを感じます。
ツボは、その周辺の筋肉(経筋と言います)の血行促進効果もあるのでパソコンや事務仕事で腕から首肩が疲れた時にもオススメです。
私は、このツボに貼るお灸をしながらPC作業を続けることもあります。

暑い夏こそ、お灸の初め時!

子供も大好きなせんねんきゅう

 「夏になると暑いから、お灸をしなくなるんです。」
という声を時々聞きます。
確かに、ライターの炎を見るのも嫌になるくらい暑い時もありますよね。

 しかし夏の方がお灸をしやすいと、私は感じます。
今回お伝えした足三里のツボは、ツボの取り方に慣れるまで、膝上まで足を出しておくことになります。ただでさえ寒い冬に足を露出していなくてはならない冬より、暑くて薄着でいられる夏の方が、微細なツボの位置をよく観察でき、じっくりお灸を味わえます。
 お灸の熱と外気の暑さは別物。蒸しタオルと目の上に乗せた時のホッとするあの感覚のように、熱は、身体を芯から緩めてくれます。

 今回お伝えしたツボは、秋の乾燥による不調以外にも日常生活のコリ改善や養生に使えるツボですので、
 まだ暑さの残る今から、ツボの響きを確認し、秋冬のセルフケアにつなげましょう!


最後までお読みいただき有難うございました。

 ★セルフケアのお問い合わせ・鍼灸治療のお問い合わせはこちら

 ★「自分の体質に合ったツボを知りたい!」「セルフお灸のやり方を学びたい!」方は
  セルフお灸教室を随時開催しています。詳しくはこちら

★クリパルヨガに東洋医学を取り入れたオンラインヨガクラスを開催しています
 詳しくはこちら
  

★鍼灸ヨガHOSHI公式ライン:クリパルヨガをベースに東洋医学の知恵を融合させたヨガクラスです。
 ヨガクラスのスケジュールチェック、【日々のちょこっとセルフケア】をお伝えしています。
 チャット欄より、お申し込みやお問い合わせが便利です。

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました