梅雨のだるさ、胃腸症状、足のむくみに
詳細はこちらのブログをご覧ください

無月経からの不妊治療④ 〜薬で起こした生理は大変でした〜

通院3回目の記録 マーベロン・フェマーラを初体験

♦3回目

2010/9/20(祝)

月経2日目(マーベロン後の月経日数の数え方を知らず、一日早く来院してしまった)

採血

 E2:23

 FHS:0,1

内診&診察

・卵胞は、小さいのがいくつかで、FSHが下がっているので、マーベロンがよく効

 いている。

・だたE2が低い。D5にE2があがってきたら、フェマーラの服用を検討。

☞フェマーラ

 ・乳がん治療に使われているホルモン剤。

 ・内膜を薄くせず、排卵を促せるので、タイミング療法に適しているらしい。

 ・排卵障害の場合は、月経5か6日目から5日間服用し、月経20日目までに排卵

 する。

 ・2割程度の人に効かない場合あり。

当時の日記〜何年ぶりかわからない生理、今までにない経血量〜

 月経3日目の数え方が解らず、単純に出血し始めてからの日数で来院したら、マーベロン服用後、出血の有無にかかわらず4日後を月経1日目とするんだって!

今回の生理

何年ぶりか解らないくらい久々。

経血量:今までにない量。

経血:血の塊もあった。

痛み:下腹部が思い程度。

   むしろマーベロン服用中の下腹、胃の張り、便秘、むかつき、喉の詰まりが辛

   かった。月経が始まると同時に張り詰めていたものが一気に解けた感じ。

〜今だから思うこと〜

今だから、思うこと〜月の満ち欠けのように身体の変化を楽しもう〜

私は、全く生理がなかったから、ホルモン剤で作られた変化に敏感になりすぎていたところがありました。

もちろん、身体も心もあるべき自然の流れをどこかでシャットダウンしていたのだから、薬で急激に起こされた変化に、びっくりするのもうなずける。

あとは、ネットや不妊治療患者さんからの体験談など前情報で、変に構えていたと思う。

経血量が多かったり、血の塊が混じっているのに驚いたり、ホルモン剤服用中の不快感にイライラしたり。

全て事実でした。

でも、もうちょっとよくみてみると、

『頭で考えて作り出してしまっていた症状もあった。』

って、今は思います。

女性は、月の満ち欠けのように身体が変化し続けていますよね。

その波にうまく乗りながら、変化に合わせて、ゆったりしてみたり、アクティブに動いてみたり、時には泣いてみたり、、。

自分の変化を楽しむくらいの心持ちが大事。

これって、女性に限らずみんなに言えるかなって思います。

自分のことをよくみる。

そんな時間を大切を日常にもっていたいです。

最後までありがとうございました。

続きはコチラ・・・

タイトルとURLをコピーしました