妊活セルフケア オススメのポーズ  マーラアーサナ

 妊活や不妊治療で大切な事は、日々のセルフケアです。
しかしたくさんの情報の中から自分に合ったセルフケアを探すのはとても大変。

今回は、私の鍼灸師としてヨガ教師として、また自身の不妊治療体験からオススメのポーズ、
『マーラーアーサナ』をお伝えします。
 ヨガの動きで、自分を感じるセルフケアをしてくださいね!

記事を書いた人:星美和子(鍼灸治療室HOSHI・ヨガ&セルフケアHOSHI主催)
プロフィールはこちら
 

ヨガマット

マーラ アーサナ(合掌した花輪のポーズ)

和式トイレ使用時のように、股関節を開いてしゃがみこむ動きです。
一見簡単そうに見えますが、
股関節を開く動きは日常生活の中で少ないため、硬くなりやすい部分です。
足の冷えや浮腫にも効果がありますので、こまめに動かして、下半身も温めましょう。

やり方 

●ポーズの取り方
1、足を腰幅に開き、足先は外向き、で立ちます。
2、胸の前で合掌し、一息吐いてリラックス。

3、吸う息で、合掌を頭上にあげて、体を伸ばす。

4、吐きながら、合唱の手を下げ、しゃがみこむ。

5、安定してしゃがめるが見つかったら、深く呼吸。(2〜3呼吸)

6、合掌を解いて手をマットへつき、やりやすい方法でお尻をマットまで下ろす。
7、ポーズの余韻を味わう。(2〜3呼吸)

ポイントは、『骨盤をぶら下げる』『呼吸でマッサージ』『ブロックを活用』

ふかーい呼吸で、骨盤と下腹部をぶら下げます。腰にも呼吸を届けましょう。

このポーズで大切なことは、意識を骨盤に向けること。
「ん?どんな風に?」
って思いますよね??

やり方 5、「骨盤が安定して保てる位置まで降りたら」で
目を閉じて、ふか〜く呼吸。
それだけです。

 注意深く骨盤を感じていると、呼吸の動きで骨盤や下腹部が膨らんだり、緩んだりしていることに気づきます。
その微細な動きは、骨盤の中を優しくマッサージしてくれます。
先を急がず、一息ごとに骨盤の重さを感じていると、心も穏やかに広がります。


「骨盤が安定するところが見つからない!」
っていう場合もあります。
そんな時は、高さのあるもの『ヨガブロック』を使います。

ブロックの上に手を乗せると、安定感が増して、骨盤がゆったり広がります。
腰を下ろしにくい時は、座りましょう。腰が伸びて、呼吸が下腹部まで広がります。

骨盤が安定して、股関節が広がり、呼吸が深くなるので積極的に使っていきましょう。
ダイソーやセリアなど百均で200円くらいで売っています。
ちなみに私のは、ダイソーです。

体にポーズを押し込まず、体にポーズを合わせよう

 画像と同じように動けないと、悲しくなったり、やる気が無くなったり、
あるいは、力任せに体を使ったりしたくなりません?
私は、後者で、ついついやり過ぎでしまいます。笑

 ヨガは、「心と体を結ぶ、繋ぐ。」
という意味があります。

 今回はマーラアーサナというポーズのやり方をお伝えしましたが、これはあくまでも手順であって、完成形ではないです。
 完成形は、その時々で身体が教えてくれます。

 必要に応じてブロック等を使い、あるいは、腰の下ろす高さを調整し、安定した骨盤で深い呼吸をしながら、自分の体を感じる時間を持つ事が大切です。
 
自分のマーラ アーサナを味わい、深めてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。


タイトルとURLをコピーしました