鍼灸治療➕パーソナルヨガ体験談:「マスク生活の息苦しさが、ヨガの呼吸で楽になり心も安らぐように」

「鍼灸治療って、一回で、あっという間によくなると思っていました。」
と患者さんに言われたことがあります。

確かに急性期のぎっくり腰や逆子のお灸など、私も何度か即効性を実感したことはあります。

しかし、多くの場合そうでないのが実際です。

体の不調にはそれぞれ意味があります。心身一如という言葉の通り、一見関係のないように見えた心の様子が不調に関わっていることもあります。
鍼灸治療である程度症状が落ち着いたら、不調をきっかけに体の声に耳を傾けてみませんか?
自分で自分の体を労ることは、かけがえのない癒しになります。

今回は、自由が丘でフレンチ プティマルシェのオーナーシェフ 石島さんが下さった体験談をご紹介します。

体験談:「鍼灸治療のきっかけは、慢性腰痛・膝の痛みでした。」

自由が丘のフレンチ プティマルシェのオーナシェフ 石島さん

 慢性の腰痛があり自分でお灸をして凌いでいましたが、年末の多忙が重なり痛みがひどくなったので、鍼灸治療を受けました。

治療後数日は良い状態が続きますが、立ち仕事でもあるので、症状は一進一退。
実は膝の半月板も痛めていて、腰の調子が悪くなると膝の調子も良くなるなることもありました。運動不足解消も兼ねて、鍼灸治療1回+パーソナルヨガ2回コースを試してみることにしました。

鍼灸治療後は、週一回のオンラインヨガが体を動かすきっかけに。

 鍼灸治療を受けた翌週から週一回毎、オンラインヨガを受けました。
最初は、思ったように体が動かなかったり、体の硬さからあぐらなど座った姿勢が辛かったですが、パーソナルなので、自分にあった内容にその場で変更できるところがよかったです。

また治療時に全身を見てもらっているので、自分に合ったポーズをやってもらえ、パーソナルヨガの中から日常でもできるポーズを伝えてもらったので、毎日の生活の中で時間を見つけて続けています。

体の状態に応じて、椅子やおうちにあるものを工夫して行っています。

ヨガの呼吸が、マスクの息苦しさを和らげ、心の安定になっている。

 腰痛・膝痛でスタートして鍼灸治療+ヨガコースでしたが、コロナ禍のマスク生活で、呼吸が浅く回数も多くなりがちです。

 ヨガでゆっくりと呼吸すると、次第に呼吸が深くなり、気持ちも落ち着き精神も安定するように感じています。
マスクしてると中々できない深い呼吸(呼吸法)を1日1回でもすることをお勧めです。(でも出来てない笑) 


鍼灸治療中は今まで寝てましたけれど、そこでヨガの呼吸法を取り入れれば、又違った1時間になると思いますので、これから実践したいと思います。(でも気持ちよくて寝てしまうだろう笑)

「暮らしの中で出来ることを、一つ」一緒に決める。

 上記のような体験談をくださいました。
石島シェフは、鍼灸治療は毎月1〜2回受けに来ていただき、鍼灸治療+パーソナルヨガコースをスタートされて、2ヶ月目です。

 鍼灸治療+パーソナルヨガコースは、クラスの最初に体調などを伺う時間をとってから、日々変わる身体に合わせてスタートし、クラス中もミュートなしで行え、途中でもコミュニケーションを取りながら進めます。

 クラス後は、クラス中の体験をお話いただきその内容にも合わせた、暮らしの中で無理なくできる、ポーズや呼吸法など1つを、一緒に決めています。

シェフとは、膝のケアになるポーズをすることを決めました。

 1週間自宅で継続いただくと、
「最近では階段の登り下りが手すりを使わなくてもできるようになった。」
「ヨガが習慣化すると、しない日が気持ちわるい笑。」
と感想をくださいました。

膝腰の状態が改善したことももちろん、喜ばしいことです。
鍼灸治療だけでは、ここまでの変化はなかったように思います。

でも、それ以上に大切なことは、
「自分で身体を動かし、自分に向き合った、シェフの心」です。

 私たちの身体にある知恵や治癒力は、そこに気を向けることで湧いてくると思います。
鍼灸治療だけと、鍼灸治療+ヨガの大きな違いは、自分で自分の身体を動かすこと。

 自力で身体を動かすヨガは、ダイレクトに、呼吸の流れ、心のあり方、体の状態を感じ取れます。
エクササイズ的に思われがちですが、呼吸や心のあり方に目を向けるので、自分への理解を深めるきっかけになり、その先に病や不調との付き合い方を教えてくれるツールになると思っています。

 病や不調も、今の自分に起きていること。そのままを一旦感じて、自分を探って行くきっかけにしませんか?きっと新しい自分との付き合い方が見えてきます。

 最後までお読みいただきありがとうございました!

お問い合わせは、こちらが便利です。
ヨガクラスのスケジュールもご覧いただけます。

鍼灸ヨガHOSHI公式ライン

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました