バランスの取れた身体って? 妊活に役立つ健全な体づくり

こんにちは!

皆さんにとって、健康な身体って何ですか?
妊活中は、特に身体のことに気を使いますよね。

今日はある患者さんのお話から、妊活におすすめしたい身体作りに大切なこと
を、本音でお伝えします。

記事を書いた人:星美和子
・鍼灸治療室HOSHI/ヨガ&セルフケ 
 アHOSHI主催
・プロフィールはこちら

バランスの良い身体って?

経絡人形

ある日の治療室。
70代の患者さんの第一声。

「過ぎてみて、緊張していたってわかりました。」

暫くお孫さんの新しい挑戦を応援し続けていた、患者さん。

ひと段落して気づいた、疲れ。


ここ数ヶ月、第一声は、
「自分のことではないし、大したことをしていないから、大丈夫です。」
が口癖でした。

数ヶ月前から体には、不調のサインが出ていたけれど、
『渦中の時は気づかないことってあるよなぁ。。』
と、私は共感しました。

陰陽バランス=中庸=健康というけど…。

陰陽図

東洋医学は、陰陽のバランスが取れている=健康な身体

と考えていて、

鍼灸治療では、陰陽のバランスが良い状態=中庸を目指して、お灸や針でツボを刺激します。

接触鍼

↑これは、「接触鍼」刺さない鍼。先端をツボに当てる。


そして活動(運動)と休息、食事内容、セルフお灸など、中庸を保てる方法をアドバスさせていただいています。

でも、

常にバランスが取れている身体で居続けるって、
本当に健全?
幸せか?

と、実は思うんです。

陰陽バランスを崩さないように、あれもこれもセーブしていたら、
喜びも、悲しみもなくなって、ちょっと物足りなくなりません?
と、私は思っています。

『自分の中に起きていること』は、何?

でも命と身体がないと、喜怒哀楽も感じられ無くなってしまうから、もどかしい。

だからせめて、

どんな時でも、「今、自分の中に起きていること」に気づいていたいって思うんです。

妊活中は、特に心身の変化が大きく、
踏ん張らないといけない場面が多いですよね。

・採卵や移植にチャレンジする。

あるいは、

・治療のお休みを決断する。

など、体も心も揺さぶられます。

そんな時、自分の中に目を向けて、



「私の体、疲れてる?」

「自分の意思で始めたけ事だけど、辛いなぁ。」

「泣きたいよ〜。」

内側にあるものに、ただ気づいて、感じてみて下さい。

えー:「は? それだけ? なんにも解決しないじゃん。」

ショボーン:「ツボの話かと思った・・・。」
って拍子抜けしましたか?

でもこれ本音です照れ
お灸をする、サプリを飲む、鍼灸を受けるなど、
日々のセルフケアももちろん大切ですが、

自分の体に気を向けて、今どんな状況にあるのかを把握することで、体や心は癒されます。

陰陽は色々な「時間軸」でバランスを

 常にバランスの良い身体は確かに理想です。が、無理しても頑張りたい期間は、寝不足、便秘になってもよし!と、割り切って没頭するのもアリかと思っています。

ただ、大切なのは「今、しんどい。頑張っている。」という、内なる声に気づいていること。
そして、チャレンジを終えたら、しっかり休むことまでセット!!
にすること。

さまざまな喜怒哀楽を楽しめるよう、長期的な視点での陰陽バランスをとることも、健全な身体作りになると思います。

ちなみに、

この治療後の患者さんの一言。

「このまましばらく、もぬけの殻になります。笑」


頑張った後は、しっかり休む!がセットでした。

陰陽のバランスを取るべく、自分を癒し、また次の喜怒哀楽に向かえますように!

妊活中の皆さんの体作りのヒントとなると嬉しいです。
最後までお読みいただきありがとうございました!

☆妊活ヨガ&セルフケア(妊活・不妊治療中の方限定)公式ライン
・クラススケジュールチェック・お問い合わせにはこちらが便利です。

友だち追加
タイトルとURLをコピーしました