梅雨のだるさ、胃腸症状、足のむくみに
詳細はこちらのブログをご覧ください

無月経からの不妊治療⑤ 〜先生に聞きたいことが聞けない時は〜

不妊治療をしていた当時の日記を元に、
数値や病院での診察、治療の内容や薬や注射のことと心境、そして今だから思うことを書いています。

治療内容は、今とは違うところもありますし、数値の読み方も人それぞれです。
大切なのは自分と寄り添うこと。
「こんな風にやっていた人もいるんだな〜。」
と、生の声を参考にしてくださいね。
 前の記事はコチラ>>>

通院4回目〜精子の検査を体験〜

2010/9/23

月経5日目

内容:採血、内診、診察

*この日は、夫も来院。精子を採精し、検査。

採血

・E2:20

・FSH:2,7

内診&診察

・卵胞は、計測する大きさに至らず。E2もあがらないが、明日から、5日間フェマーラを服用することになった。

●精液検査

 正常値の基準  夫
精液量   2~6㎖       4,1㎖
精子数4000万/㎖9000万/㎖
精子運動率50%以上78%
正常形態率15%以上18%

夫の結果(先生より)

かなり優等生。問題ない。

〜当時の日記〜聞きたいことが聞けないのは、待合室の空気感

当時、通院で持ち歩いていたメモ帳。診察室の張り詰めた空気の中で書き留めていました。

聞くこと:1、卵管チェックの日時。

     2、数回タイミングで妊娠するか様子みたい。

・ホルモン剤(マーベロン)服用中

 症状:下腹が重い

    便秘

    胃がすっきりしないのに、食べたがる

・月経1〜3日目:血の塊(+++)

        経血量(+++)    
        

体調:下腹の張りがなくなり、便がスッキリ出て、胃が動いてきた感じとともうに、

   気持ちがホッとする。

日記を読み返して、一番に思ったことは、

『聞くこと』

欄が加わったこと。

キリッとした待合室にいて、

やっっと呼ばれて診察室に入ると、

聞けないんです。

先生に、訊こうと思っていたことが。

別に先生が高圧的なわけでもなかったのに、(むしろ私より小柄で可愛らし方でした。)

あちらのペースに流されてしまうんです。

空気に巻き込まれないように、聞きたいことは、メモしていく。

だから私は、

「これだけは、言いたい、聞きたい。」

をメモに記して、ノートを手に、診察室に入るようになりました。

「どうして聞けないのかな?」

と自分の奥を探ってみました。


で、出てきた思いは・・・。


1、私がここで余計な質問をすると、

きっと仕事前に滑り込んできたであろう、あの人(待合室の女性)に迷惑がかかりそう。

とか、

2、こんな素人な質問したら、先生に嫌がられるだろうな。

(いや素人なんですけどね・・・。)

とか、

3、先生の隣で、看護婦さんが次の人のカルテ持ってきてるし・・・

とか。

自分が誰かに迷惑をかける事に抵抗があったんだ。

って長い待合室で腑に落ちてたのを思い出します。

で、改めました。

**『お互い様』**

って。

そう思ったら、待ち時間が苦痛ではなくなりました。

ここにいる大勢の女性が、おんなじ方向に向かっていると思うと、聞くことも待つ事にも穏やかになれました。むしろちょっと愛おしい感じ。

とはいえ、キリッとした待合室の雰囲気が変わることはなかった(とおもう)し、治療段階によっては、診察室に一歩入ると、グッと胸が張り詰める感覚もゼロではなかったです。

(こうして書いている今もその感覚は思い出しますから・・・。)

ただ、こちらの意識が少し変わったからか、
見え方や感じ方がまろやかになったのも確かです。

人間って、不思議ですね。

生活の中でいろんな自分を体験して、尊重する

今、不妊治療の末に授かった男児が、私の横で学校の宿題をしています。

仕事しているときにワーワー話しかけられると、その空気にのまれて、
・「うるさい!!!」と言いそうになりますが、
ちょっと離れて、

今の自分はどんな感じ?
と眺めてみます。

すると、
・息子の衝動に巻き込まれそうになっている私。
・その感情の爆発を抑えようとする私。

が今生まれているのに気づきます。

そして、今少し気持ちが落ち着いてきました。
いつも安定していることが良いというわけでなく、認めたくないような感情を持った自分もいることに気づくことが、大切だと思います。

ちなみに、今日はこれで怒鳴らずにすみそうです。

今、あなたはどんなところに居ますか?
時々、自分をぐるっと眺めてみてくださいね。

次の記事はコチラ>>>

タイトルとURLをコピーしました