梅雨のだるさ、胃腸症状、足のむくみに
詳細はこちらのブログをご覧ください

無月経からの不妊治療を振り返る3〜情報に溺れる・・・〜

1回目を終えて、このペースで書いていると、『妊娠&第一子出産、そして2人目の不妊治療にトライ』までたどり着ける?って思いましたが、とりあえず続けます(笑)。
どなたかの助けとなりますように・・・。

♦診察:2回目

2010/9/9 

●内容:採血、内診、診察
採血
・FSH:0.0
内診
・右卵巣の卵→3~4ケに減少。大きさも小さくなっていた。
・左卵巣の卵→なし。
診察
・卵胞数、大きさの減少、FSHの低下から、マーベロンの効果があり。このまま服用を継続。
・マーベロンは飲み終わり、4日後に生理になるので、生理の3日目か4日目に来院。

☞マーベロン服用後の月経
*出血の有無にかかわらず、マーベロン服用後(飲み終わった翌日から数えて)4日目を月経1日目とする。
*病院によっては、ここまで細かい指示が無い場合もあり、おりものに混じった出血を一日目として良いのか、迷う患者さんもいるので、このクリニックでは、便宜上そうしているそう。

〜当時の日記〜

今回は、違う医師。
カルテに目を落としながら、前回までの診察経過を聞かれた。
一瞬、「え?把握してないの?」と不安に思ったけど、私も鍼灸師として、もしも目の前の患者さんのことで解らないことがあったら、本人に直接聞いてしまう方が、患者さんも安心するんだ。と実感した。

〜今だから思うこと〜ホルモン値は目安

この頃は自分の成績表(数値)をあげることで頭がいっぱい!
でもホルモン値って、月経周期によって変わるし、基準値の幅が広い。

もちろん基準値は目安になるし、患者さんのデータの積み重ねが、より良い不妊治療へと繋がっていると思います。

しかし数値は、その人によって違うし、ある程度経過観察をしていかないと、解らないことも多いと思います。
私の場合は、そもそも月経周期がなかったから一回目の数値では、今の状態把握(まだ残存卵子があるか、とか)に留め、それ以降は、病院に任せてもっと長期的にみてみよう。くらいの心の余裕が必要でした。

ネットでいろいろ情報を集めて、気づくとかなりのページが開いていて、なんかそれで努力している気になっていました。知識が増えると喜んでいる、ちょっと先に進めている気になっていたなぁ・・・。
「意識的に、情報から離れてみようよ。」って当時の自分に伝えたい。

実は最近、人生初の坐骨神経痛になりました。

「右のお尻がこるなぁ〜」って思っていたら、夜足の置き場が見つからない・・・眠れない自粛生活に合わせて、急にオンラインヨガ の準備などpc仕事が多くなり、座ってばかりでした。pc、体にこたえますね。(デスクワークの人すごいっっ)

自分で針やお灸をして、信頼を置いている鍼灸師さんにも治療してもらって、足の置き場、取り戻しました。
どんな時でも自分の体に起きていることを大切に、そして無理なく合った方法で体を整えていきたいですね。いろいろなことを体験させてくれる身体に感謝です。

お読みいただきありがとうございました。

続きはコチラ、次回は、無月経からの不妊治療〜フェマーラ、マーベロン体験談〜

タイトルとURLをコピーしました